【ドラクエ11】冒険初心者へのヒント&早期購入特典

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラゴンクエスト11をより快適にプレイするため、システム設定や楽しみ方を提案しています。早期購入特典のダウンロード方法や、特典アイテムの特殊効果の紹介も。

冒険スタートの前にシステム設定を行おう

バトル演出の切り替え

ストーリーを本格的に始める前に、プレイ環境を自分好みにカスタマイズしておきましょう。

ドラゴンクエスト11では、バトル時の演出をフリー移動バトルオートカメラバトルのどちらかを選ぶことが出来ます。

バトル演出の選択方法は以下となります。

「ゲーム内メニュー」>「さくせん」>「システム設定」>「バトル演出きりかえ」

初期設定では、フリー移動バトルに設定されており、キャラクターとカメラを自由に動かすことが出来ますが、オートカメラバトルではより迫力のあるカメラアングルがバトルを盛り上げます。

個人的には、ダイナミックな戦闘シーンが楽しめるオートカメラバトルのほうがおススメですが、好みに合わせて選択しましょう。※ゲームメニューからいつでも変更できるので、気分に合わせて変えられます

dq11_01

オートカメラバトルなら呪文も大迫力!

画面の明るさ設定

ツイッターやyoutubeなどにプレイ画面をシェアする予定がある場合は、事前に画面をやや明るめに設定しておいても良いかもしれません。

画面の明るさを変更する方法は以下となります。

「ゲーム内メニュー」>「さくせん」>「システム設定」>「画面明るさ設定」

初期値は 明るさ:50 で設定されていますが、私は 明るさ:60 前後に変更してプレイしています。

特に洞窟内など暗い場面をスクショする際は、スクショが見やすい明るさに調整します。

dq11_02

室内などは「明るさ」高めの方がスクショ向け

早期購入特典の入手方法

早期出荷版のドラゴンクエスト11には早期購入特典が封入されています。

(序盤に限り)経験値稼ぎや金策に有効な特典アイテムを入手できるので、スタート時にすぐに入手しましょう。

プロダクトコードで特典をダウンロード

特典アイテム入手のためには、まずはPSストアにアクセスする必要があります。以下の手順でゲーム内からPSストアに簡単にアクセスできます。

「ゲーム内メニュー」>「さくせん」>「システム設定」>「コード番号の入力」

PSストアにアクセスしたら、ゲームソフトに封入されている12桁のプロダクトコードを入力します。

プロダクトコードの引き換えに成功すると、「早期購入特典 しあわせのベスト&なりきんベスト」をダウンロードできるようになります。

dq11_03

早期購入特典はゲーム開始直後にDL可能

早期購入特典を受け取り

ダウンロードした特典アイテムは、ゲーム内に戻り受け取る必要があります。受け取り方法は以下の通りです。

「ゲーム内メニュー」>「さくせん」>「システム設定」>「アイテムの受け取り」

受け取ったアイテムは装備することも忘れないようにしましょう。

dq11_04

受け取ったアイテムは「装備」することも必要

早期購入特典の内容

早期購入特典では、「しあわせのベスト」と「なりきんベスト」を入手することが出来ます。

しあわせのベスト:戦闘で獲得する経験値が10%増える(最大75ポイント)
なりきんベスト:戦闘で獲得するゴールドが10%増える(最大15ゴールド)

経験値やゴールドを効率よく集められるので、スタートダッシュに役立ちますが、上昇値の上限があるので、活躍する機会は序盤に限られています。

また、早期購入特典アイテムの守備力は非常に低いため、これらのアイテムを装備する際は、他の部位の防具やアクセサリーなどでしっかりと防御力を補完することが重要となります。

dq11_05

効率的に経験値が稼げる「しあわせのベスト」

冒険初心者へのヒント

オートラン機能を活用しよう

ドラゴンクエスト11の世界は広大なため、移動にはオートラン機能が役立ちます。

フィールドや町などで「オプションボタン」を押すと、自分が向いている方向へ自動で走り続けることができます。

走っている間も、Lスティックで方向転換できるのでゲームをプレイしながら、スマホをチェックしたいときにオートラン機能が便利です。

もう一度、「オプションボタン」を押すとオートランが解除されますが、進行方向と真逆にLスティックを倒すことでも、オートランを解除することができます。

dq11_06

どこまでも広がる広大なフィールド

モンスターの動きに注目!

RPGをプレイする際の面倒な「レベル上げ」の作業も、ドラゴンクエスト11では楽しみの一つになりえます。

「レベル上げ」はモンスターを倒す単純作業になりがちですが、本作では、モンスター固有のモーション(動き)が豊富なので、それらを観察するだけでも楽しみながらレベルを上げらえます。

特にモンスターを倒した際のモーションが凝っているので、その動きを見るための連戦も苦になりません。(序盤だとズッキーニャの討伐時の動きが可愛くて、個人的にはたまらんです。。)

モンスターの種類も豊富なので、どんどん新しいモンスターと出逢えるのも魅力のひとつですね。

dq11_07

大口をあけて威嚇するももんじゃ

モンスターと目線を合わす

ドラゴンクエストシリーズのモンスターは正面からみると、プレイヤーと目が合うようにデザインされているそうです。

たしかに、どのモンスターともバッチリ目線が合っていて、対峙している臨場感がありますね。

新しいモンスターに出会った際は、彼らの目線に注目してみるのも、面白いかもしれません。

dq11_08

ベビーパンサーかわいい・・。

観光気分でスクショを撮影する

冒険を進めると様々な土地や街を訪れることとなります。

道中で見つけた絶景ポイントや街の暮らしなどをスクショ撮影しながら旅をすると、プレイする目的がひとつ増えて、おススメです。

撮影用にアングルをあれこれ調整していると、意外と時間が経ってしまいますが、旅の記録として後からスクリーンショットを眺めるのも、楽しい時間を過ごすことが出来ますよ!

dq11_09

上部まで丁寧に作り込まれた街並み

dq11_10

マイナスイオンが溢れでる渓流

SNS登録設定

関連コンテンツ

【ウォッチドッグス2】前作より大幅に進化した良作/評価レビュー

» 続きを読む

【MGS5】女兵士「美人コンテスト」inマザーベース

» 続きを読む