【グラビティデイズ2】体験版プレイレビュー/ゲーム画像

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年1月19日発売予定「GRAVITY DAZE 2」の体験版をプレイしました。「アート」な世界で体験する新鮮な操作感やアクションをゲーム画像を交えて紹介します。

このところ、話題作の体験版の配信が多いですね。気になっていた「GRAVITY DAZE 2」の体験版も配信されていたので、早速プレイしてみました。

尚、今作は「GRAVITY DAZE」シリーズの2作目となりますが、私は前作を未プレイでレビューを書いています。

「アーティスティック」なグラフィック

私の中で‘ グラフィックがどれだけリアルか ’は重要な指標で、より忠実に表現されているゲームを好む傾向があるのですが「GRAVITY DAZE 2」のグラフィックは、かなり独特な雰囲気を持っていると感じています。

決してリアルだけを追及したわけではない不思議な没入感のあるグラフィックは、絵画かジブリアニメの世界に入り込んだような感覚を覚えました。

gd201

心惹かれる、不思議な街並み

gd202

ブタや野菜が並ぶ市場

gd203

街並みを見上げるキトゥン

GRAVITY DAZE 2」の世界は色彩豊かで、陰影がはっきりとしています。めまぐるしく視界が変化・回転するゲームだからこそ、忠実な「リアル」よりも誇張した「アート」なゲーム画面のほうが(空間を把握しやすく)最適なのかもしれません。

gd204

ちょっとした小路もアートのよう

gd205

シルエットがはっきりとしたアヒルたち

「アート」な雰囲気はストーリー進行にも採用されており、イベントシーンはコミック風のコマ割りで進んでいきます。

gd206

海外コミックのようなデザイン

余談ですが、最近では「ペルソナ5」の芸術的なUIデザインが高く評価されていました。

海外ゲームメーカーは再現度の高いグラフィックへのこだわりを感じますが、国内ゲームメーカーは「リアル」なグラフィックを追及するのではなく、アイデアや工夫で勝負する時代なのかなと、改めて感じます。

新鮮な浮遊体験

GRAVITY DAZE」シリーズの最大の特徴は、重力に縛られない自由な浮遊体験にあります。

はるか遠くの建物まで自由に移動したり、地面が真上となる逆さの視点へ移ったり、これまでのゲームでは体験できなかった感覚を次々と味わえます。

gd207

自由自在に重力を操るキトゥン

もはや「 落下による死亡 」など、軟弱な理由での GAME OVER は考えられません。

体験版でも、充分に重力を操る楽しさを経験でき、新鮮な感覚でプレイできたのも高ポイントです。

gd208

壁に‘ 立つ ’新鮮な体験

多彩なアクション

シリーズ最大の特徴である‘ 重力を操る能力 ’を、存分に発揮できるアクションが数多く用意されているのも、体験版をプレイしてみて印象に残ったポイントです。

例えば、自身の回りの物体を無重力で浮遊させ、飛行している敵にぶつけることもできます。

gd209

物体が飛び散るバトルシーン

個人的にお気に入りのアクションは、高所からの急降下による一撃必殺技「重力波動キック」ですかね。

周囲の敵を一気に片付ける爽快感は格別で、本編でも無駄に多用してしまいそうです。

gd210

強力な「重力波動キック」は、演出も派手!

gd211

体験版では巨大兵器とのバトルも収録

魅力的なキャラクター

グラフィックやシステムと同等以上に重要なのは、キャラクターなのかもしれません。

本作「GRAVITY DAZE 2」の主人公は重力姫こと『 グラビティ・キトゥン 』ちゃんです。

記憶を失っている設定のため、まだまだ秘密が多そうですが、短時間のプレイでも明るく素直な性格が伝わりました。

gd212

重力姫こと、キトゥンちゃん

完全に個人的な都合ですが、このところノクト王子や桐生さん、ペルソナ5にマフィア3と男性のプレイキャラが続いていたので、可愛く素直なキトゥンちゃんがゲームライフの癒しになることを期待しています(笑)。

gd213

頼れる協力者、クロウも登場

彼女や、彼女を取り巻く周りのキャラクターがどんな冒険活劇を見せてくれるか楽しみですね。

GRAVITY DAZE 2」は2017年1月19日発売予定です!

関連記事 【マフィア3】マフィアⅢは買うべきか?評価とプレイレビュー

関連記事 【龍が如く6】劇的な進化を遂げた神室町、体験版レビュー

SNS登録設定

関連コンテンツ

【ウォッチドッグス2】前作より大幅に進化した良作/評価レビュー

» 続きを読む

【MGS5】女兵士「美人コンテスト」inマザーベース

» 続きを読む