【スカイリム】よくわかる付呪(エンチャント)の方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカイリムの魅力のひとつに様々な特殊効果を武器に宿す「付呪(エンチャント)」があります。とても便利で強力な要素ですが、最初はちょっと分かりづらいですよね?付呪の方法を初心者にもやさしく紹介します。

便利で強力な「付呪(エンチャント)」

装備品に属性攻撃や能力値アップなどの特殊効果を付与することを「付呪」と呼びます。

炎属性の剣や、魔法力をアップする鎧など、ファンタジー好きからすると大好物の要素ですね!

スカイリムでは簡単に付呪効果のある装備を生み出せるので、積極的に「付呪」を活用しましょう。

【付呪に関しての基礎知識】

  • 付呪はアルケイン付呪器で行う
  • すでに付呪効果のある装備品を「解呪」することで付呪効果を習得できる
  • 付呪を行うには魂石(エネルギーのようなもの)が必要
  • 装備品付呪効果魂石の3点を組み合せて「付呪」完了!

炎上効果のあるエンチャント武器で山賊を撃退!

専用作業台「アルケイン付呪器」

付呪や解呪を行う際には「アルケイン付呪器」という専用の作業台を利用します。

アルケイン付呪器は街の首領の家や、要塞、魔女の住処など各所に存在していますが、最初はドラゴンズリーチ魔術師ファレンガーの部屋(首長の王座に向かって右側)のアクセスが良いので、こちらの利用をおススメします。

ファレンガーとは魔術関連のアイテム売買もできるので、その点でもこの場所のアルケイン付呪器の使い勝手が良いです。

ドラゴンズリーチの付呪器がアクセスがよくおすすめ。最初は部屋にいるファレンガーから付呪に関して学べます。

付呪効果を習得しよう(解呪)

初期状態のプレイヤーは、付呪効果をひとつも覚えていないので、まずは「解呪」という作業を行い付呪効果を覚える必要があります。

今までの冒険で、すでに付呪効果のある装備品を入手していませんか?それらの装備品をアルケイン付呪器で解呪すると、解呪した付呪効果を覚えることができます。※付呪を行えるのは、プレイヤーが解呪したことのある付呪効果のみです

「解呪」により雷撃ダメージの付呪効果を習得

実際の付呪の流れ

1.装備品を選択

付呪を行うには、まずは付呪効果を与える装備品を選択します。

武器と防具では付呪できる効果が異なり、武器の場合は雷撃ダメージ付与のように相手に追加ダメージを与える効果が多く、防具はマジカ回復量アップのように、自身に優位な補助効果を得られる効果が多いです。※防具の部位によっても付呪できる効果は異なります

2.付呪する効果を選択

次に装備品に対して与える付呪効果を選択します。

どの付呪効果を与えるかはプレイスタイルや個人の好みで良いですが、付呪で作成した武器の付呪効果は、あとで変更できないので注意しましょう。

さきほど解呪した雷撃ダメージを、今度は別の武器に付呪しています。

3.魂石を選択

最後に、付呪を行うのに必要な魂石とよばれるアイテムを選択します。

魂石は付呪を行うため(加えて、武器の場合は付呪残量をチャージするため)のエネルギー充填器のようなものです。

魂石にはエネルギーの充填量の大きさにより「 極小 < 小 < 中 < 大 < 極大 」の種類があります。大きな魂石の方が、より高い効果を得られることができるので、得られる効果をみながら魂石のサイズを選びましょう。

魂石はダンジョンで拾ったり、店で購入して入手します。たまに敵がドロップすることも

魂石の入手法

魂石は魔術師や雑貨店などから購入したり、ダンジョンで拾うことで入手します。魂が充填済みのものと、未充填(空の魂石)のものがあるので、お店で購入する際には注意が必要です。

魂が未充填の空の魂石は魂縛を行うことで魂を充填することができます。

※魂縛に関しては、別ページで解説します。

武器への付呪の注意点

防具に対する付呪効果は消えることはなく効果は永続します。

一方で、武器に対しての付呪効果は有限で、敵を攻撃するたびにエネルギー残量が減ってしまうので、付呪エネルギーが尽きてしまった際は、魂石で再チャージする必要があります。

武器を選択 → R1ボタン → 魂石を選択

付呪装備の売却は金策に有効

付呪装備は通常の装備品よりも高値で売れるため、金策として有効です。

ダガーなど軽くて持ち運びが楽なアイテムに大量に付呪し、売りさばけばまとまったお金を入手することができます。

付呪武器の売却で稼いだお金はマイホーム資金に・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNS登録設定

関連コンテンツ

【ウォッチドッグス2】前作より大幅に進化した良作/評価レビュー

» 続きを読む

【MGS5】女兵士「美人コンテスト」inマザーベース

» 続きを読む