あなたが知っておくべき「おいちょかぶ」のすべて

おいちょかぶ 2022記事

おいちょかぶは、日本でよく知られているカードゲームの一つです。胴元と対戦し、9に近いか等しい手札を揃えることを目的とした伝統的なギャンブルゲームです。

また、このゲーム自体はブラックジャックとほぼ同じであり、他の有名なカードゲームとも強い類似性を持つ珍しいカードゲームの一つです。そもそも、このゲームは文化的に犯罪者のいる裏社会と結びつきが強く、それが理由で人気を博したという説さえあります。

おいちょかぶは、ヤクザの賭博場の主力商品であり、ヤクザという言葉もこのゲームに由来しており、日本最古のカードゲームの一つとして代々受け継がれてきた文化遺産であることを証明しています。このゲームについては、特に七福神などのサイトで多くのガイドがあります。

名前の由来は、賭け事を意味するポルトガルの俗語「cavo」で、これは18世紀当時のポルトガル人貿易商から参考にされたと考えられています。また、おいちょかぶは韓国のカードゲーム「Gabo」とも関係があるとする歴史家もいます。

バカラと同様に、プレイヤーはラウンドごとに9の値を揃える必要があります。おいちょかぶは同じように動作しますが、代わりに異なるカードでプレイされ、カードの最高値は9になります。

おいちょかぶをプレイする前にしておくべきこと

ゲームのセットアップには、親を選び、子の座席配置を決める必要があります。山札はシャッフルされ、プレイヤーはゲームを始める前に基本ルールに同意する必要があります。

おいちょかぶは通常、1~10の数字が4つ並んだ40枚の株札でプレイします。各プレイヤーは山札から引き、最も低い数字を持つプレイヤーが親となります。

その後、残りのプレイヤーはテーブルを囲み、2番目に低い数字は親の右側に、3番目に低い数字はその右側に座るというように、それぞれの席に座ります。その後、プレイヤーは山札から札を引いてて9の値を完成させる必要があり、ちょうどの値か、少なくともそれに近い値でラウンドを終了することになります。

おいちょかぶの遊び方

このゲームの目的は、カードの価値の合計を9にすることです。最後の桁は、手札の合計が10以上の場合にカウントされ、例えば合計が12になった場合は2の値を入れることになります。このゲームで最悪の手札は、8、9、3です。この手は「ヤ・ク・ザ」と発音され、日本語で「ギャングスター」のことをいい、そのギャングの代表的なゲームです。

ゲームにはいくつかの基本ルールがあります。子と親が引き分けた場合、ラウンドを閉じるには、ドローを出して子のベットを返すか、親が勝つかの2つの選択肢があります。

点数の最高限度に賭ける場合、それを超えることができない全プレイヤーの全ベットに賭けることができる点数に制限があり、それ以降ベットを追加することはできません。

おいちょかぶのコツ

賭けるだけならまだしも、おいちょかぶの基本的なルールに慣れておくことは重要です。仕組みを知ることで、ゲームをコントロールする感覚が得られます。また、ベットを置くこともより簡単になります。ここでも他の場所でも、おいちょかぶをプレイする場合でも、ルールを知っておく必要があります。

使いすぎないように、賭け点の最高限度を設定することをお勧めします。バンクロールを使い過ぎて、持っているもの全てを賭けないようにしましょう。また、制限時間を設定することで、自分がどのくらいプレイしているのか把握することができます。このようにして、使いすぎや負けすぎを防ぐこともできます。

しかし、おいちょかぶで勝つためには、運だけではダメなのです。プレイヤーは、賢く、素早く賭けなければならないのです。だからこそ、七福神の言葉通り、それぞれのゲームの種類に応じたルールを知ることが勝利への鍵となるのです。

おいちょかぶで勝つことへの謎は、大きな賞金を得ることを難しくするだけでなく、多くのプレイヤーを惹きつけることになります。そのため、このゲームでは運が大きな要素となっています。多くのプレイヤーは、このゲームが純粋な偶然に基づくものだと考え、その偶然を最大限に活かそうと挑戦し続けています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました