ファイナルファンタジーVIがRPGシリーズ最高のゲームである理由

ファイナルファンタジーvi,ファイナルファンタジー,ffvi,ffvii,psone,RPGゲーム ファイナルファンタジー15

「ファイナルファンタジー」シリーズは、ゲーム業界が提供する最大かつ最高の作品の1つです。多くの人はシリーズの最高傑作として第7作目を挙げるでしょうが、その前作である「ファイナルファンタジーVI」がシリーズ最高のゲームである正当な理由があります。

FFVIは、古典的なピクセルアートのスタイルでプレイされた最後のゲームでした。当時、FFVIIがソニーのプレイステーションに移行したことで、リアルというジャンルに分類されるようなグラフィックが利用できるようになったのは大きかったと思います。当時としては、FFVIIのグラフィックはもう小さなピクセルではなくなったので、素晴らしかったと思います。

しかし、FFVIIは、それまでの6作品が中世らしい世界、あるいはFFVIの場合はスチームパンクな世界を舞台にしていたこともあり、古典的なファイナルファンタジーの美学とは一線を画していました。FFVIIは、神羅が君臨する近未来的なディストピア世界だったのです。2つのゲームの要素を比較したところで、FFVIが最高のRPGゲームのランキング上位に位置する理由を見てみましょう。

FFVIの方が戦闘システムは優れていた

両作品ともFFの戦闘システムを踏襲していますが、大きな違いがありました。FFVIIはリミットブレイクという、キャラクターが持つ超能力に頼っていたのです。FFVIでは、どのキャラクターにも必ず固有の技があり、それが他のゲームよりも洗練されていました。他のFFと比較すると、名前が違うだけでキャラクターが同じように感じられます。

FFVIIの戦闘はマテリアのシステムが牽引しており、PSOneのゲームとしては機能していましたが、FFVIのユニークなスキルは、ユニークなだけでなく、キャラクターの背景やストーリーとも連動していたので、より良いものになったのだと思います。

FFVIは、シリーズの中で最もストーリーが優れていた

暴虐な帝国が世界を支配するというストーリーの中で、FFVIは登場するキャラクターがユニークでした。エスパー、お人好しのリーダー、素晴らしい戦士など、特殊な要素を持つFFVIでは、ヒーローも悪役もみんな魅力的でした。

しかし、FFVIには素晴らしいヒーローのキャストが揃っていて、全員が物語の中でうまく機能していました。同時に、悪役もRPGゲーム史上最高だと言っても過言ではありません。ケフカはよくバットマンのジョーカーと比較されますが、FFVIの主な敵は素晴らしく書かれているだけでなく、ゲームのストーリーの中で彼が行ったすべての悪行が正当に評価され、怖い存在になっています。

FFVIはスクウェアが絶頂期にあった頃に作られた作品である

魅力的なゲームを作るのは難しいことですが、1990年代半ばのスクウェアは絶好調でした。FFVIはFF史上最高のストーリーとして批評家に高く評価されていますが、VIIはより多くの人がこのゲームで育ったので、感傷的な想いで入れられた票を多く獲得しています。

しかし、FFVIはスクウェアの絶頂期に作られた作品であることを、ユーザーは認識しておく必要があります。このゲームを作ったときが、彼らの本領発揮となったのです。ゲームプレイは最高で、ストーリーとスーパーファミコンに最適な戦闘システムでした。

FFVIでは、主人公に共感し、悪役を憎みたくなるような世界を作り上げる脚本が素晴らしかったです。また、ストーリーに筋の通った展開があり、プレイヤーにポジティブな驚きを与えてくれました。

植松伸夫が音楽を担当したのは他のシリーズと同様ですが、VIは彼にとっても特別なコレクションとなりました。植松は当時まだ一流の作曲家であることを証明し、彼がシリーズを続けていく道を開きました。

以上が、FFVIがシリーズ最高傑作と呼ばれるにふさわしい理由のほんの一例に過ぎません。マザー3やクロノ・トリガーなどと並んで、最高のRPGゲームランキングの上位に名を連ねるという議論さえあるのです。FFVIは尊敬に値するし、ありがたいことに、人々はこの考えに同意してくれています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました