リーグ・オブ・レジェンドがトップesportの座を維持できた理由

リーグ・オブ・レジェンドがトップesportの座を維持できた理由 eスポーツ

リーグ・オブ・レジェンドは、esportsのトップゲームとしてその地位を維持しています。その王座に挑戦したesportsゲームは数多くあったが、その質の高いゲームプレイと盛んなesportsシーンという点で、Riot Games社の代表的MOBAゲームを超えることはできませんでした。

リーグ・オブ・レジェンドは2009年に発売され、「Defense of the Ancients」という「Warcraft III」のカスタムマップに大きな影響を受けています。当時は、MOBAというジャンルが今日ほど定義されていなかったため、リーグ・オブ・レジェンドやHeroes of NewerthといったゲームはDotAのクローンと見なされていました。

年月が経つにつれ、Riot社はリーグ・オブ・レジェンドを独自のゲームとしてプッシュし続け、大きな成果をあげました。リーグ・オブ・レジェンドは今でもマインクラフトやフォートナイトと並んで世界最大のゲームのひとつです。

リーグ・オブ・レジェンドのesportsシーンは、Riotが素晴らしいイベントの良い組み合わせを固め、プレイヤーに成功を促しているため、フォローするのに最適なものの1つです。彼らは常に素晴らしいイベントを持っているので、暗号通貨でのesportsベッティングに関しては、どちらもトップオプションです。

Riot社がリーグ・オブ・レジェンドを全面的にサポート

リーグ・オブ・レジェンドはRiot社の糧であり、市場での存在感を高めるために最善を尽くしてくれるものと期待しています。彼らは、「チームファイト タクティクス」、「レジェンド・オブ・ルネテラ」などの複数のゲームを含む、このゲームが生きるための宇宙を慎重に作り上げました。また、Riot社をベースにしたバーチャルK-POPグループK/DAを筆頭に、Riot社が制作している音楽にも注目です。

最後に、Arcaneは2021年にリリースされた驚異的なテレビアニメシリーズです。日本からの素晴らしいアニメ番組を含む、その年のトップアニメシリーズとして絶賛されました。

このようなサポートは、リーグ・オブ・レジェンドがRiot社と良好な関係にあることを示しています。彼らは、ベテランと新しいプレイヤーを満足させるために、より多くのコンテンツでゲームを最大限にサポートしてくれることでしょう。これによって、リーグ・オブ・レジェンドはゲームとしての魅力がぐっと増しました。

esportsシーンに関しても、Riotがそれをサポートしてくれることが期待できます。毎年複数のイベントを開催して頑張っていますし、世界中のプレイヤーがプロのリーグ・オブ・レジェンドプレイヤーになることを応援しています。それに比べて、Valveは主力MOBAをサポートしていますが、Dota 2は同じレベルのマーケティングを受けることはありません。

リーグ・オブ・レジェンドのesportsシーンは楽しく、多様性に富んでいる

リーグ・オブ・レジェンドのesportsシーンには、世界中のあらゆるトップクラスのプレーヤーが参加しています。シーンには複数の地域が存在しますが、トップクラスのチームの多くは東アジアからやってきています。韓国と中国がリーグをプレイするのに最適な国であることが証明されています。

北米とヨーロッパのシーンはエリートプレーヤーでいっぱいです。個性的なプレイヤーも多いため、TwitchやFacebook Gamingなどのストリーミングサービスでもリーグ・オブ・レジェンドは大きな盛り上がりを見せており、世界中から多くの人が集まり、将来リーグ・オブ・レジェンドシーンのスターとなりうる新しいプレイヤーも生まれています。

Riot社は、リーグ・オブ・レジェンドの人気とともに、企業として成長してきました。そのため、esportsの意味合いを持つゲームをさらに多く作るようになりました。その最大の恩恵は、「カウンターストライク」のような戦術的な一人称視点のジャンルにRiot社が挑んだ「Valorant」です。

Riot社は地域ごとに複数のリーグを持つesportsシーンを慎重に作り上げ、リーグ・オブ・レジェンドワールドチャンピオンシップが頂点に立ちます。暗号通貨でのesportsベッティングに参加したい場合は、常に賭けるゲームがあるため、リーグを試してみることをお勧めします。このゲームにベットすることで、莫大な報酬を得ることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました