大阪が日本のカジノの首都である理由

大阪が日本のカジノの首都である理由 2022記事

日本は、イノベーションと人気のトレンドが生まれる主要国の1つです。新技術を聞いて最初に頭に浮かぶのは日本です。驚いたことに、この国はまだ多くの人々が楽しんでいる人気のギャンブルゲームを受け入れていません。

日本では、多くの人が従うカジノゲームの禁止について厳しい法律があります。最近まで、法律は緩和され、国内で最初のカジノを建設することが約束されていました。日本の都市の中で、大阪は最初のカジノの本拠地として国を始めるために選ばれました。

大阪を理想的なカジノの首都にする機能

日本は1億2600万人以上の人口を抱える国です。これらの統計から、これらすべての人々に対応できる都市がたくさんあることは否定できません。しかし、大阪は国のカジノの首都になるのに適した唯一の都市として独立しているため、ファンのお気に入りであり続けています。

優れた起業家精神を備えた国内で3番目に大きな都市であるため、この都市の配置は統合型リゾートの収容と一致しています。より大きなリスクを負い、友好的で、新しいテクノロジーに対応することで知られています。日本の他の大都市圏は、なぜ彼らが選ばれなかったのか疑問に思いました。以下はその理由のいくつかです。

十分な人口

大阪は人口の約15%が住んでいます。市内の総居住者数は約1900万人です。それはカジノの首都を持つために、それは訪問者を含む適切な人口基盤を持たなければならないことを意味します。市内に十分な数の人々がいると、ギ​​ャンブルの需要が高まり、その結果、国の収入が増えます。

卓越したインフラストラクチャ

大阪は、鉄道、航空会社、道路、高速道路の高度な輸送システムを誇っています。これは、大阪を経由して市内を通り抜け、他の多くの地域に簡単にアクセスできることを意味します。そうは言っても、大阪で最初のカジノの首都を建設することは、優れたインフラストラクチャの観点からのみ論理的です。

大阪に密集した鉄道と道路網は、国内で最も優れた特徴を持っています。これは、国内の交通機関や企業に大きな利便性を提供します。この地域にカジノを建設することは、居住者と訪問者の両方に利益をもたらします。

政治的支援

日本初のIRの開発が発表されて以来、大阪は常にIRの開発を明確にしてきました。そして、十分な政治的支援があれば、夢はまもなく街で実現されます。市は、議会、維新の会(地域政党)、公明党(与党自由民主党連立党)から、IR開発計画を実施するための計り知れない支援を受けている。政治的支援がなければ、管轄権は成功しない。大阪は、反対されることなく、日本のカジノの首都になりつつあります。

最終的な考え

大阪市は常に強力なリーダーシップを発揮しているため、大阪府は統合型リゾートの導入に専念しています。IRの成功は、政府や地域社会との支援と提携にかかっています。その結果、開発を実行するのに十分な人口、優れたインフラストラクチャ、および十分な政治的支援を備えた唯一の都市です。 カジノを日本 日本のカジノの首都として大阪を選んだ理由についてのより多くの洞察を提供します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました