ソーシャルメッセージングアプリ「LINE」がNFTのマーケットプレイスを開設

ソーシャルメッセージングアプリ「LINE」がNFTのマーケットプレイスを開設 2022記事

 

LVC株式会社は、日本に拠点を置くメッセンジャーアプリ、LINEの暗号通貨とブロックチェーンを担当する部門です。彼らは、LINE NFTと呼ばれるノンファンジブルトークンマーケットプレイスをリリースしました。LINEは日本の何百万人ものユーザーによって使用されているため、これは日本の暗号通貨市場にとって大きなニュースです。

このメッセージングプラットフォームは、アジア、特に日本で最も人気のある選択肢の1つとなっています。LINE2011年、日本を襲った大地震の際に初めてサービスを開始しました。その後、世界最大のメッセージアプリのひとつに成長しました。このようなリーチを持つ彼らが関わるプロジェクトは、確かなサポートを受けられると期待できます。

LINE NFTは、NFTを販売し、暗号通貨も取引できるプラットフォームとなる予定です。暗号通貨のニュースを追っていると、暗号通貨市場の存在感において、日本は常に世界最大の国の1つであると見ることができます。では、LINENFT分野への進出と、それが暗号通貨業界全体にとってどれほど重要であるかを見てみましょう。

LINE NFTは確かな可能性を秘めている

LINEは日本の日常生活に欠かせない存在であり、暗号通貨市場への進出をさらに進めているため、国内の暗号通貨市場全体を強化することは間違いないでしょう。日本がLINE NFTのアイデアを受け入れれば、国内のさまざまな企業からサポートを得られると期待できるため、成長のための確かなポテンシャルを持っているのです。

日本での展開ということで、人気のある知的財産がNFTの領域に絡んでくることが予想されます。特にアニメ業界は、NFTの芸術的な側面に適しているため、NFTの空間において大きな役割を果たすことになるでしょう。LVCはすでに、「機動警察パトレイバー」や日本の人気キャラクター「ベータックマ」などのアニメシリーズに関わるトークンをいくつか発表しています。

これらの知的財産とは別に、オリンピックで3度の金メダルを獲得した日本の体操選手、内村航平のNFTも発表される予定です。NFTは、LINEの新しいマーケットプレイスによって、国内最大の暗号通貨プラットフォームとなる可能性があるため、さらに成長する可能性が高くなっています。

このマーケットプレイスは、暗号通貨市場におけるLINEの存在感を強化します

日本で最大のテクノロジー企業の1つであるLINEの評判を見ると、それが暗号通貨市場に影響を与えることが本当によくわかります。彼らは2018年に暗号通貨取引所を開設し、この新しいLINE NFTプラットフォームでNFTスペースにも参入したからです。これは、楽天も楽天NFTで独自のプラットフォームを持っているので、2022年に早くも別の巨大なNFTのプラットフォームがローンチすることと重なります。

日本のNFTスペースにおけるこのようなダイナミズムは今後も続くでしょうが、LINEはこれだけ人気のあるプラットフォームなので、国内ナンバーワンのプラットフォームになるチャンスはもっとあるかもしれません。LINEは、自社のメッセージングアプリで大きな成功を収めているため、今後どのようにプラットフォームを構築していくのか興味深いところです。

過去数年間、LINEは取引所をうまく運営し、その経験から、NFTのプラットフォームも成功する可能性が高いと予想されます。また、日本の暗号通貨市場にも注力しているため、日本の暗号通貨市場における同社の存在感も強化されるでしょう。

もしあなたが最新の暗号通貨ニュースをチェックしているのなら、LINE NFTのこの展開に注目することをお勧めします。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました