世界中で話題沸騰中!原神ワールドをご紹介

2024

中国を拠点とするソーシャルゲーム会社・miHoYoによって開発された、オープンワールド・アクションロールプレイングゲーム『原神』。テイワットと呼ばれる大陸を舞台に、プレイヤーは旅人となって双子の片割れを探すという旅を行う内容で、2020年9月にリリースされて一ヶ月後には売上が約270億円(2.45億ドル) になるなど、世界中の多くのプレイヤーを魅了しています。それだけに、原 神 アカウント 売買にも注目が集まっています。ここでは、そんな原神の世界を簡単にご紹介していきたいと思います。

緻密なストーリー

プレイヤーの分身でもある『原神』の主人公は旅人で、行方不明になった双子の兄(あるいは妹)を探すために、テイワットにおける様々な国を巡っており、その旅の中で各国の事件や問題に巻きこまれる、というのがゲームの大まかなあらすじとなっています。テイワットというのは『原神』の舞台となる架空世界のことで、そこには7つの元素を代表した7つの国が存在しています。主人公である旅人はこの7つの国を訪れ、様々なキャラクターや神秘的な生物と出会うことになります。主人公が訪れる国々では、特色のあるフェスティバルやイベントなども定期的に行われており、その時期しか体験できない限定ストーリーもあります。また、『原神』では、メインストーリーとなる兄(あるいは妹)探しやそれぞれの国における事件等の内容が豊富なだけではなく、様々な原神キャラクター一人一人から敵やモンスターまで緻密なストーリーが仕込まれており、こうしたストーリー性の高さが多くのプレイヤーを魅了しています。

魅力的なキャラクターたち

プレイヤーは主人公である双子の兄妹のどちらかを選び、メインキャラとして使いますが、他にも入手できる『原神』のキャラクターを使うこともできます。同時に最大4人のキャラクターを一つのパーティーとして操ることも可能なっており、キャラクターによって、スキルや元素力等が異なってきます。また、フルボイスでキャラクターのセリフ全てに対して声優が声を当てているのも、この世界への没入感を高めてくれますよね。現在、実装されているプレイ可能なキャラクターは全71人いますが、今後もストーリーと国の追加に従い、更に個性的なキャラクターが発表されていくと言われています。こうして拡張を続けるという点も、このゲームの大きな魅力なのです。

一人でも、マルチでも

『原神』では、日本語・中国語・韓国語・英語の4種類の言語バージョンが用意されています。これにより、プレイヤーは好きな言語のセリフと異なる国の声優の声を楽しむことができます。また、言語と声優によって、ゲーム内会話の雰囲気も異なってきます。そして、世界各国のプレイヤーと一緒にマルチプレイもできますが、反対に、基本的には一人で全てのゲーム内容も体験できるので、一人でゲームを楽しみたい方にもお勧めなゲームとなっています。

READ  The Salil Hotel - デジタル革新を通じてホスピタリティを変革

Comments

Copied title and URL