日本のオンラインカジノと合法化

日本のギャンブルの歴史と法律

日本は、19世紀初頭からギャンブルに関する法律が制定されている数少ない国のひとつです。賭博が始まった当初から、日本の住民は当局が承認した形態の賭博にしか参加することができませんでした。初期の頃は、競馬と競輪のみが対象でした。その後、競艇やオートバイなどのレースが追加されたが、もちろん、宝くじはそれより何世紀も前から合法でありました。

国営宝くじは17世紀に制定されたが、1842年に一旦廃止され、その後復活した。宝くじは、レースを除いて合法とされる唯一の賭け事でした。他のギャンブルを違法とする厳しい規制があっても、住民は自分の好きなゲームを追求し続けています。このような住民は、一歩も引かず、受け入れてくれる海外のビットコイン入金 カジノでゲームを楽しむことを選択しました。

新たなスタートと歴史の始まり

多くの人は、日本の当局がその姿勢を変えることはないだろうと考えていましたが、ありがたいことに、海外のサイトでゲームの娯楽を求める住民が増えたため、当局は考え直さざるを得ませんでした。もちろん、政治が大きく関与しており、ギャンブルを合法化するプロセスは2013年に開始されましたが、より自由度の高い現在の法律が日本の国会で可決されたのは2016年末のことでした。これは日本だけではなく、世界中で大きなニュースとなりました。

ギャンブルが合法化されたことで、15年来の政治的論争に終止符が打たれたことになり、この話はあらゆる場所でヘッドラインを飾った。ギャンブルが合法化されたことで、多くの収益機会が生まれ、ホテル、ショッピング、さらには会議場と高額ギャンブルを組み合わせようとする多くの計画が立てられました。しかし、日本に住む人々にとって残念なことに、最初のオンラインカジノ イーサリアムが稼働するのは2022年か2023年です。

その主な理由は、税率、規制、そしてもちろん組織犯罪や問題のあるギャンブルをどのように防止するかといった重要な要素を決定する新しい法律を作成する必要があるからです。とはいえ、日本は注目すべき国であることは間違いありません。ギャンブルが合法化されれば、日本は世界で3番目に大きなギャンブル市場を持つ国になると予測する人もいます。

結論

日本はオンラインギャンブルに慣れ親しんでいます。しかし、政府の規制により、合法化されたギャンブル場かオンラインカジノに限定されています。最終的には、ランドベースのカジノが日本に登場し、日本のベッターの明白な需要に対応するために大規模なものになることが予想されます。日本でギャンブルが人気なのはなぜでしょうか?オンライン・カジノは、より安くプレイでき、追加のボーナスがあり、ヨーロッパや北米の他のオンライン・カジノがアマチュアに見えるほど膨大な数のゲームを提供している。少なくとも国会議員がどうすべきかを決める間、日本のベッターが楽しめるギャンブルがあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました